トンボの語源・由来

トンボの最も古い呼称は、奈良時代の「アキヅ(秋津)」で、その後「セイレイ・カゲロフ(蜻蛉)」、「ヱンバ(恵無波)」の語が現れる。
古くは「トンバウ」の語形で、平安末期には「トウバウ」「トバウ」などが見え、江戸時代から「トンボ」と呼ばれている。
語源は「トン」が「飛ぶ」、「バウ」が「棒」の意味で、「飛ぶ棒」が変化したという説が多く、この虫の印象から正しいように思える。
しかし、「バウ(棒)」は漢語、「飛ぶ」は和語で、漢語と和語が結び付けられることは、時代的に早すぎるため考え難い。
「トン」は「飛ぶ」の意味であろうが、「バウ」は「バウ(棒)」ではなく、和語である「ハ(羽)」の変形と考える方が良いであろう。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 切磋琢磨の語源・由来

  2. 餅の語源・由来

  3. 八朔の語源・由来

  4. トロンボーンの語源・由来

  5. 咄嗟の意味・類語・言い換え

  6. 盤寿の意味・類語・言い換え

  7. アプリの意味・類語・言い換え

  8. 三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

  9. たかをくくるの意味・類語・言い換え

  10. 唯々諾々の語源・由来

  1. 旭旗の意味・類語・言い換え

  2. ウィンナーコーヒーの意味・類語・言い換え

  3. ポテトの意味・別名・類語

  4. 朝顔の意味・別名・類語

  5. おこわの語源・由来

  6. 生い立ちの意味・類語・言い換え

  7. 不甲斐ないの語源・由来

  8. コンプライアンスの意味・類語・言い換え

  9. おがくずの語源・由来

  10. CPAの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. テッセンの語源・由来

  2. 綾瀬市の語源・由来

  3. オリーブの栄養基礎知識

  4. 「一生懸命」と「一所懸命」の違い

  5. 大枚をはたくの語源・由来

  6. ニラの栄養基礎知識

  7. 札付きの語源・由来

TOP