三文判の語源・由来

三文判の「三文」は、江戸時代以前の通貨で、一文銭三枚のこと。
時代により価値は異なるが、千文が一貫、四貫文が金一両で、三文は非常に安価な額となる。
そこから価値の低い物や、安い物に対して「三文」はつけられるようになった。
本来、はんこは注文後に作られ、出来合いのはんこは安価で粗末な物であることから「三文判」と呼ぶようになった。
その他、「三文」が付けられた言葉には、江戸時代以前の「三文絵」「三文花」「三文雛」「三文野郎」「三文芝居」、明治以降には「三文文士」「三文雑誌」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 安倍川餅の語源・由来

  2. ぺんぺん草の語源・由来

  3. 指切りげんまんの語源・由来

  4. クロワッサンの語源・由来

  5. マラソンの語源・由来

  6. 姥桜の語源・由来

  7. インディーズの語源・由来

  8. おきゃんの語源・由来

  9. 尊いの意味・類語・言い換え

  10. 「児童」「生徒」「学生」の違い

  1. ユーカリの意味・別名・類語

  2. 断捨離の意味・類語・言い換え

  3. 徳島市の語源・由来

  4. フェロモンの語源・由来

  5. ハギの語源・由来

  6. 長いの語源・由来

  7. がらんどうの意味・類語・言い換え

  8. 寒天の語源・由来

  9. 白日青天の意味

  10. お辞儀の語源・由来

人気記事

  1. 「臭い」「匂い」「香り」の違い

  2. かてて加えての語源・由来

  3. ひよこの語源・由来

  4. きんぴらごぼうの語源・由来

  5. 秋田市の語源・由来

  6. 戒名の語源・由来

  7. アスパラガスの栄養基礎知識

TOP