鶏の年間産卵数と卵を産む周期

鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない

国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年当たりの鶏卵消費量は320~330個で、世界最高水準となっています。
鶏は卵を1日1個産むのが限度で、産まない日もあるため、産卵数は1年間で280個ぐらいといわれています。
そのため、1羽の鶏では国民1人1年当たりが消費する鶏卵の数を賄えないのです。

鶏が卵を産む周期

鶏の体内で卵ができるまでに、約24~25時間かかります。
そのため、産卵時間は前日の産卵時間よりも、1時間ほど遅くなります。
毎日1時間遅れであっても、この周期が続けば280個より多く産めるはずですが、鶏が卵を産むのは早朝から夕方までです。
夜間は卵を産まないことから、1~2日の休みが入り、また数日間連続で産むという周期になっているため、年間で280個程度の産卵数となるのです。

今見られている記事 ランダム
  1. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  2. 大阪府の市区町村名一覧

  3. 窺う(伺う)の語源・由来

  4. 半畳を入れるの語源・由来

  5. ごまの語源・由来

  6. ごぼうの語源・由来

  7. ひつまぶしの語源・由来

  8. 亜麻仁油の栄養基礎知識

  9. シャリの語源・由来

  10. 烏兎怱怱の語源・由来

  1. 圧力釜の意味・類語・言い換え

  2. コブラの語源・由来

  3. 無実の罪の意味・類語・言い換え

  4. 垢抜けの語源・由来

  5. おしゃれの意味・類語・言い換え

  6. 頭取の語源・由来

  7. 精子の数え方

  8. 増毛の意味・類語・言い換え

  9. 運命の意味・類語・言い換え

  10. 墨守の語源・由来

人気記事

  1. イモリとヤモリとトカゲとカナヘビの違い

  2. チョコレートとショコラの違い

  3. パンケーキとホットケーキの違い

  4. カフェと喫茶店の違い・使い分け

  5. 氾濫と決壊の違い

  6. 面倒な里芋の皮むきもレンジで簡単に! 里芋を皮つきで食べる方法も紹介

  7. 辞典と事典と字典の違い

TOP