鶏の年間産卵数と卵を産む周期

鶏1羽の産卵数では1人当たりの卵の消費量は賄えない

国際鶏卵協議会の報告によれば、日本国民1人1年当たりの鶏卵消費量は320~330個で、世界最高水準となっています。
鶏は卵を1日1個産むのが限度で、産まない日もあるため、産卵数は1年間で280個ぐらいといわれています。
そのため、1羽の鶏では国民1人1年当たりが消費する鶏卵の数を賄えないのです。

鶏が卵を産む周期

鶏の体内で卵ができるまでに、約24~25時間かかります。
そのため、産卵時間は前日の産卵時間よりも、1時間ほど遅くなります。
毎日1時間遅れであっても、この周期が続けば280個より多く産めるはずですが、鶏が卵を産むのは早朝から夕方までです。
夜間は卵を産まないことから、1~2日の休みが入り、また数日間連続で産むという周期になっているため、年間で280個程度の産卵数となるのです。

今見られている記事 ランダム
  1. モズの語源・由来

  2. ナスの語源・由来

  3. 奈落の底の語源・由来

  4. なぜ雪は白いのか

  5. ステテコの語源・由来

  6. 黒一点の語源・由来

  7. トリビアの語源・由来

  8. スズメの語源・由来

  9. 烏龍茶の語源・由来

  10. ルーキーの語源・由来

  1. 心療内科と精神科の違い

  2. 花の語源・由来

  3. タトゥーの語源・由来

  4. 格好の語源・由来

  5. さくらんぼの栄養基礎知識

  6. 偽の語源・由来

  7. スケベの語源・由来

  8. たたらを踏むの意味・類語・言い換え

  9. 戒名の語源・由来

  10. ぼたもちの語源・由来

人気記事

  1. 過去にオリンピックが中止になった回数

  2. 王将と玉将の違い

  3. 目的と目標の違い・使い分け

  4. 昨年と去年と前年と旧年の違い・使い分け

  5. 茶道で茶碗を回す理由

  6. 適量と適宜の違い

  7. 寂しいと淋しいの違い・使い分け

TOP