働きアリの中に必ず働かないアリがいる理由

働かない働きアリは必ず2~3割いる

働きアリのコロニー(集団)の中には、2~3割の働かない働きアリが存在するといわれています。
働かない働きアリを除き、働く働きアリだけのグループを作っても、必ず2~3割の働かない働きアリが現れ、働く働きアリの割合は常に7~8割になります。

働かない働きアリが必ず存在する理由

2016年、北海道大学大学院准教授の長谷川英祐氏が率いる研究グループが、「働かない働きアリ」に関する研究成果を発表しました。
アリのコロニーには一時も休めない仕事があるため、疲れて休むアリが出てきたら、働かないアリが交代して働いているというのです。
働かない働きアリの存在は一見非効率に見えますが、短期的には非効率でも、全員が一斉に働き始めたら、全員が一斉に疲れて仕事ができなくなり、アリのコロニーは滅びてしまいます。
長期的には疲れ切ったアリが休み、疲れていないアリが働いた方が効率よく、集団存続には、働かないアリも必要な存在なのです。

働きアリの休めない仕事とは

働きアリの唾液には、カビの発生を抑える抗生物質が含まれています。
その唾液で卵を舐め続けていないと、30分程度でカビが生えて死んでしまうため、一時も休まず舐め続ける必要があります。
卵を舐め続けるために、働かない働きアリが存在しているのです。

今見られている記事 ランダム
  1. ソーセージの種類

  2. 対応と応対の違い

  3. いぼの語源・由来

  4. ぎゃふんの語源・由来

  5. 鳥取県の語源・由来

  6. 先祖と祖先の違い

  7. のっぴきならないの語源・由来

  8. 石の語源・由来

  9. のれんの語源・由来

  10. クロワッサンの種類

  1. 金輪際の語源・由来

  2. ナンパの語源・由来

  3. エプロンの意味・類語・言い換え

  4. 平々凡々の意味・類語・言い換え

  5. お辞儀と会釈の違い

  6. テロの語源・由来

  7. 王将と玉将の違い

  8. エブリバディの意味・類語・言い換え

  9. たわけ者の語源・由来

  10. チタンの語源・由来

人気記事

  1. 感心と関心の違い・使い分け

  2. 発見と発明の違い

  3. ダウンロードとインストールの違い

  4. 事業家と実業家と企業家と起業家と経営者の違い

  5. おちょこの底にある青い二重丸の名称と役割

  6. 牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

  7. 夏季と夏期の違い・使い分け

TOP