キツネの語源・由来

キツネは、古名を「キツ」といい、「ネ」は意味なく添えられた語。
「キツ」は「キツキツ」という鳴き声を表した名と考えられている。
漢字の「狐」の字音「コ」も、鳴き声に由来する擬音語といわれている。
キツネは寝たふりをするため、「けつね(仮之寝・化之寝)」に由来する説もあるが、「キツ」の古名から変化した名のため、「ネ(寝)」を軸に考えるのは正しくない。
油揚げを「きつね」と呼ぶのは、キツネはネズミの油揚げが好物で、キツネ捕りの餌に使われていたことに由来する。

出典:語源由来辞典

TOP