いざ鎌倉の語源・由来

いざ鎌倉は、鎌倉幕府に一大事が起こると、召集を受けた諸国の武士たちは、我先にと鎌倉へ馳せ参じたことに由来する。
「いざ」は、自分と共に行動を起こそうと誘いかけ、思いきって行動しようとするときに発する語。
謡曲『鉢木』の中で、佐野源左衛門常世が家に泊まらせた旅の僧(北条時頼)に、「鎌倉におん大事出で来るならば、一番に馳せ参ずる」と覚悟を語るくだりがあり、これが元になって「いざ鎌倉」の語が生まれたといわれる。

出典:語源由来辞典

TOP