いざ鎌倉の語源・由来

いざ鎌倉は、鎌倉幕府に一大事が起こると、召集を受けた諸国の武士たちは、我先にと鎌倉へ馳せ参じたことに由来する。
「いざ」は、自分と共に行動を起こそうと誘いかけ、思いきって行動しようとするときに発する語。
謡曲『鉢木』の中で、佐野源左衛門常世が家に泊まらせた旅の僧(北条時頼)に、「鎌倉におん大事出で来るならば、一番に馳せ参ずる」と覚悟を語るくだりがあり、これが元になって「いざ鎌倉」の語が生まれたといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 嫁の語源・由来

  2. かまととの意味・類語・言い換え

  3. サバの語源・由来

  4. 平塚市の意味・シンボル

  5. 月例の意味・類語・言い換え

  6. サクラマスの意味・別名・類語

  7. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」の違い

  8. 匙を投げるの意味・類語・言い換え

  9. 旦那の語源・由来

  10. 矢も盾もたまらないの語源・由来

  1. セルライトの語源・由来

  2. みどりごの語源・由来

  3. ノロウイルスの語源・由来

  4. 「濃口醤油」と「薄口醤油」の違い

  5. 書き入れ時の意味・類語・言い換え

  6. よろしくの語源・由来

  7. プロセスチーズの栄養基礎知識

  8. 熊の種類

  9. ヒバリの語源・由来

  10. 蝸牛角上の争いの語源・由来

人気記事

  1. 「懐古」と「回顧」の違い

  2. 「ムース」と「ババロア」の違い

  3. テンペラの語源・由来

  4. 「ニホン」と「ニッポン」の違い

  5. ずんぐりむっくりの語源・由来

  6. 品川区の語源・由来

  7. 安堵の語源・由来

TOP