一本立ちの語源・由来

一本立ちは、元々、広い所に樹木などがただ一本だけ生えていることをいった。
そこから、孤立した状態や仲間がいないことを「一本立ち」というようになり、さらに、他からの援助を受けずに独立して物事をすることをいうようになった。

一本立ちの語源には、線香に由来する説もある。
その説は、昔の芸者の世界では線香を時計の代わりにしており、その線香一本が立ち切れるまでの時間、一人で客を楽しませることが出来れば一人前と認められたことから、「一本立ち」というようになったというもの。
しかし、芸者の前身となる職業が誕生する以前から、一本立ちは「自立」「独立」の意味で使われており、線香一本から「一本立ち」を意味するようになったという文献も見当たらない。
また、普通は立っている状態を意味する「立ち」が、ここでは線香が立ち切れた(燃え尽きた)状態を表すなど、不自然な点の多い俗説である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. こぶの語源・由来

  2. 報奨金の意味・類語・言い換え

  3. 熊の語源・由来

  4. 「心配」「不安」「気がかり」の違い

  5. 波止場の意味・類語・言い換え

  6. 鏡割りの意味・類語・言い換え

  7. ピンポンの語源・由来

  8. 俺の語源・由来

  9. 熊の種類

  10. 「基準」と「規準」の違い

  1. 溜飲が下がるの語源・由来

  2. イタドリの語源・由来

  3. 弟の語源・由来

  4. 要の語源・由来

  5. ファッションの意味・類語・言い換え

  6. イナの語源・由来

  7. 「追求」「追及」「追究」の違い

  8. ツツジの語源・由来

  9. パグの語源・由来

  10. 万事休すの語源・由来

人気記事

  1. 六日の菖蒲の語源・由来

  2. 面白いの語源・由来

  3. トントン拍子の語源・由来

  4. 「効く」と「利く」の違い

  5. 横紙破りの語源・由来

  6. 黒砂糖の栄養基礎知識

  7. 墨守の語源・由来

TOP