メロンの語源・由来

メロンは英語「melon」からの外来語で、ギリシャ語の「mēlopepōn」に由来する。
mēloは「りんご」、pepōnは「ウリ」で、mēlopepōnは「りんごのようなウリ」を意味する。
この語がラテン語で短縮されて「mēlon」となり、フランス語を経由して英語に入った。

メロンはキュウリの仲間で、植物的にはマクワウリと同系である。
そのため、マクワウリの漢名「甜瓜(てんか)」を用いて「西洋甜瓜」といったり、単に「甜瓜」ということもある。

出典:語源由来辞典

TOP