メロンの栄養基礎知識

メロンの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期、種類など、知っておきたいメロンの基礎知識。

メロンの特徴

メロンとはウリ科の、果実を食用とする果物です。
原産国は東アフリカといわれ、エジプトで栽培されて世界に広まりました。
メロンの品種は非常に多く、表面にある網目模様や果肉の色により分類されています。
収穫直後は青臭いため、収穫後3~7日を目安に追熟させます。追熟を見極めるポイントは、以下の通りです。
1.つるの先端が茶色くなってきた
2.果皮の色がやや黄味がかってきた
3.底を押すと少しへこみ、弾力がある
4.甘い香りが感じられる
5.軽く叩くと曇った音がする(若いメロンは高い音がする)
冷やし過ぎると味も香りも落ちてしまうため、食べる数時間前にカットして冷やすようにするとよいでしょう。

メロンの栄養・効能

水分が多く、成分の88%を占めます。果肉の色が濃いオレンジ色の品種ほどβカロテンが含まれ、強い抗酸化作用を持ちます。
カリウムも多く、余分なナトリウムを体外に排出する効果が期待できます。
甘味は吸収されやすい果糖、ショ糖、ブドウ糖であり、しかも糖質代謝に関与するビタミンB1も含んでいることから、エネルギー源として即効性があります。
ストレスを緩和し、精神を落ち着かせるGABAも多く含まれた果物です。

メロンの選び方

メロンは網目が均一で細かいものが上質とされます。

メロンの保存方法

丸ごと常温に置き、追熟させます。カットしたものは果肉にラップを密着させて包み、野菜室へ保存します。

メロンの旬の時期

5~8月は露地物のメロンが出回ります。

メロンの種類

マスクメロン、アンデスメロン、タカミメロン、アムスメロン、ハネデュー、プリンスメロン、キンショウメロンなど。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 和泉市の意味・シンボル

  2. センマイの意味・別名・類語

  3. 蓑の語源・由来

  4. どんちゃん騒ぎの語源・由来

  5. 福岡県の意味・シンボル

  6. 求人の意味・類語・言い換え

  7. ずらかるの意味・類語・言い換え

  8. かまととの意味・類語・言い換え

  9. コロッケの語源・由来

  10. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」の違い

  1. 気がかりの意味・類語・言い換え

  2. 濡れ衣の語源・由来

  3. レシピの語源・由来

  4. 後釜の語源・由来

  5. 「背」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 球磨村の意味・シンボル

  7. タンポポの語源・由来

  8. 白寿の語源・由来

  9. よりを戻すの意味・類語・言い換え

  10. シーザーサラダの語源・由来

人気記事

  1. タバスコの語源・由来

  2. バナナの語源・由来

  3. ジンベイザメの語源・由来

  4. 桔梗の語源・由来

  5. 鳴り物入りの語源・由来

  6. 「行政書士」と「司法書士」の違い

  7. ひよこの語源・由来

TOP