板橋区の語源・由来

鎌倉末期に「板橋」で見え、平安時代末期には存在した地名といわれる。
板橋の地名は、旧中山道と石神井川が交差する場所にかけられた「板の橋」に由来する説が定説となっており、当時、板張りの木橋は非常に珍しかったことからといわれている。
しかし、昔は板で作られた橋どころか、橋そのものが珍しいものであったことや、福島県や栃木県に存在した「板橋郷」の地名が「板の橋」に由来しないことから、「板橋」は当て字で、「イタ(崖)・ハシ(端)」という地形に基づく説もある。

出典:語源由来辞典

TOP