すったもんだの語源・由来

江戸時代には、あれこれと自分勝手に言い立てるさまを「すったのもじったの」と言っており、これが変化した語が「すったもんだ」と思われる。
「すった」は「擦る」、「もじった」は「ねじる」や「ひねる」などを意味する「もじる(捩る)」、「もんだ」は「揉む」で、いずれも手で形を変える動作であり、もつれてややこしい状態、面倒な状態を表すのに適した言葉である。
手振りを加えて言ったものか定かではないが、これらの語を組み合わせて調子良く言ったのが、「すったのもじったの」や「すったもんだ」と考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 物見遊山の意味・類語・言い換え

  2. 小賢しいの意味・類語・言い換え

  3. 軍艦巻きの語源・由来

  4. あかぎれの語源・由来

  5. 家の語源・由来

  6. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

  7. 敗北の意味・類語・言い換え

  8. 「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」の違い

  9. 酷いの意味・類語・言い換え

  10. インストラクターの意味・類語・言い換え

  1. みたらし団子の語源・由来

  2. 大八車の意味・類語・言い換え

  3. 厚かましいの意味・類語・言い換え

  4. あかぎれの語源・由来

  5. 厚顔無恥の語源・由来

  6. 痛いの語源・由来

  7. 佐賀県の意味・シンボル

  8. はんこの意味・類語・言い換え

  9. ホタルの語源・由来

  10. じゃじゃ馬の語源・由来

人気記事

  1. 株式の語源・由来

  2. 「通夜」「葬儀」「告別式」の違い

  3. ロードの語源・由来

  4. 「野菜」と「果物」の違い

  5. ロブスターの語源・由来

  6. 真田紐の語源・由来

  7. カエデの語源・由来

TOP