勇み足の語源・由来

勇み足は、相撲の決まり手のひとつで、土俵際まで追い詰めながら、勢い余って自分から先に俵の外に足を踏み出してしまうこと。
そこから転じて、やり過ぎて仕損じることを「勇み足」と言うようになった。
勇み足の「勇み」は、「奮い立つ」「張り切る」意味の動詞「勇む」の連用形である。

出典:勇み足 – 語源由来辞典

TOP
テキストのコピーはできません。