芦屋市の語源・由来

芦屋は、平安時代の『和名抄』に「摂津国兎原郡葦屋郷」とあるのが古い。
葦屋郷が指していたのは、現在の神戸市東部から芦屋市・西宮市にかけての六甲山南麓地域であったといわれる。
高級住宅街として知られる芦屋だが、その地名の由来は、葦で葺いた粗末な家屋のあったところで「葦屋」か、「や」が「湿地」を表し、葦の生えた湿地のことと考えられている。

出典:語源由来辞典

TOP