浦安市の語源・由来

浦安は、明治22年(1889)に堀江・猫実・当代島の3村が合併した際、新たに命名された「浦安村」に由来する。
浦安という地名は、初代村長の新井甚佐衛門が、「浦(海辺)安かれ(穏やかであってほしい)」との願いから命名したといわれる。
また、「うら」は「心」を意味する語であることから、「心安らぐ」の意味が込められているという説や、日本の雅称のひとつ「浦安の国」からといった説もある。

出典:浦安市 – 語源由来辞典

TOP
テキストのコピーはできません。