緑黄色野菜の栄養基礎知識

緑黄色野菜の定義、必要性、摂取量目標など、緑黄色野菜の基礎知識。

緑黄色野菜の定義

一般に緑黄色野菜というと、にんじんやかぼちゃのように色の濃い野菜をいい、色の薄い野菜を淡色野菜といって区別していますが、緑黄色野菜の基準は色の濃さではなく、β-カロテンの含有量で定められています。
厚生労働省の定義では、原則として可食部100gあたりのβ-カロテン当量が600μg以上含まれる野菜を緑黄色野菜と呼びます。
β-カロテン当量が600μg未満の野菜でも、一度に食べる量が多かったり、使用頻度が多いトマトや青ピーマン、アスパラガスなどはカロテンの補給源となることから、緑黄色野菜に含まれています。
また、かぶや大根のように、葉に600μg以上のカロテンが含まれている野菜は、部分的に緑黄色野菜と定義されています。

なぜ緑黄色野菜が大切なのか

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは、黄色や赤色の色素成分で、カロテノイドの一種です。
β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されることからプロビタミンAとも呼ばれ、人体の皮膚や粘膜、免疫機能を正常な状態に保ったり、視力を維持する役割をします。
変換されなかったβ-カロテンは、抗酸化物質として働き、老化予防(アンチエイジング)や生活習慣病予防に効果があるといわれています。

緑黄色野菜の摂取量目標

1日に必要な野菜は350gといわれていますが、そのうちの120gを緑黄色野菜で摂取し、残りの230gを淡色野菜でとると、必要な栄養素がバランスよくとれます。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 時季の意味・類語・言い換え

  2. セメントとコンクリートとモルタルとアスファルトの違い・使い分け

  3. アスパラガスの栄養基礎知識

  4. 節分の語源・由来

  5. 一般職と総合職の違い

  6. 勘案の意味・類語・言い換え

  7. 刀の語源・由来

  8. 褒めると誉めるの違い・使い分け

  9. 松葉ガニの意味・別名・類語

  10. 意図的と恣意的の違い

  1. 土偶の意味

  2. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  3. 豚の語源・由来

  4. 平和と和平の違い

  5. 歳末の意味・類語・言い換え

  6. 同じの語源・由来

  7. 寒天の語源・由来

  8. 工場の意味

  9. 飛ぶと跳ぶと翔ぶの違い

  10. つまりの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 幻覚と錯覚と幻視と錯視と誤認の違い・使い分け

  2. 髪と髪の毛と頭髪と毛髪の違い

  3. 早いと速いの違い

  4. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  5. 友情出演と特別出演の違い

  6. タクシーとハイヤーの違い

  7. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

TOP