いなり寿司の語源・由来

いなり寿司は、稲荷神の使いである狐の好物に由来する。
古くから、狐の好物はネズミの油揚げとされ、狐を捕まえる時にもネズミの油揚げが使われた。
そこから、豆腐の油揚げが稲荷神に供えられるようになり、豆腐の油揚げが狐の好物になったといわれる。
その豆腐の油揚げを使う寿司なので、「いなり寿司」や「「狐寿司(きつねずし)」と呼ばれるようになった。
いなり寿司の発祥は、愛知県豊川市にある豊川稲荷の門前町で、天保の大飢饉の頃に考え出されたといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ドローンの語源・由来

  2. パスタの種類

  3. 竜(たつ)の語源・由来

  4. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

  5. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  6. 音の語源・由来

  7. ルビの語源・由来

  8. もしもしの語源・由来

  9. 嵐の語源・由来

  10. 海賊版(海賊盤)の語源・由来

  1. ディスカウントの語源・由来

  2. 正月の語源・由来

  3. 鉛筆の語源・由来

  4. インフルエンザの意味・別名・類語

  5. キリシタンの意味・類語・言い換え

  6. お彼岸の語源・由来

  7. 無駄になるの意味・類語・言い換え

  8. 本の語源・由来

  9. 厚情の意味

  10. 襦袢の語源・由来

人気記事

  1. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  2. 逮捕と検挙と摘発の違い

  3. おしることぜんざいの違い

  4. レンコンに穴があいている理由と穴の数

  5. テロとゲリラとクーデターの違い

  6. 見ると見つめると眺めるの違いの違い・使い分け

  7. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

TOP