沖縄県の語源・由来

沖縄の地名は、近世の俗称に由来する。
奈良末期には「阿児奈波島」で見え、それが沖縄本島の古名といわれる。
「おき」は文字通り「沖」を意味し、「なは(なわ)」は「魚場(漁場)」を意味する「なば」で、「沖合の漁場」とする説が有力とされている。
その他、「おき」は「遠い」、「なは」は「場所」や「島」の意味とする説もあるが、一般的に沖縄の「なは(なわ)」と県庁所在地の「那覇」は同じ語源と考えられており、「那覇」が「場所」や「島」といった意味しか持たないことになるため考え難い。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 濡れ衣の語源・由来

  2. 朝三暮四の語源・由来

  3. 負けず嫌いの「ず」の意味

  4. サインの語源・由来

  5. 年越し参りの意味・類語・言い換え

  6. 赤べこはなぜ赤いのか

  7. フクロウの語源・由来

  8. 校正と校閲の違い

  9. 制作と製作と作成と作製と製造の違い・使い分け

  10. 胃の意味・類語・言い換え

  1. 次郎柿の語源・由来

  2. 己亥の意味・類語・言い換え

  3. ムラサキウマゴヤシの意味・類語・言い換え

  4. 点鬼簿の意味・類語・言い換え

  5. 憲法の意味・類語・言い換え

  6. シカトの語源・由来

  7. ピラフの語源・由来

  8. にわかファンとミーハーなファンの違い・使い分け

  9. レギュラーガソリンとハイオクの違い

  10. 薬局と薬店とドラッグストアの違い

人気記事

  1. 2月29日に生まれた人はいつ歳を取るか

  2. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  3. 空と宇宙の境界はどこか

  4. プレゼントとギフトの違い

  5. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  6. 遵守と順守の違い・使い分け

  7. 世界初の輸血には羊の血が使われていた

TOP