ご多分に漏れずの語源・由来

「多分」は、「大部分」「大多数」の意味。
大多数の人が漏れなく付き従うという意味から、ご多分に漏れずは「他の大部分と同じように」「世間並み」「予想通り」という意味になった。
「ご(御)」が付かない「多分に漏れず」の例が古く、「ご(御)」が付いて「ご多分に漏れず」となったのは、「多分(大多数)」が「世間様」というニュアンスで捉えられたためと思われる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 麻雀の語源・由来

  2. 奢るの意味・類語・言い換え

  3. 豊田市の語源・由来

  4. 「大漁」と「豊漁」の違い

  5. アンカーの語源・由来

  6. 刺身のつまの語源・由来

  7. 「ヨガ」と「ピラティス」の違い

  8. くちなわの意味・別名・類語

  9. 取手市の意味・シンボル

  10. トナカイの意味・別名・類語

  1. 東大阪市の意味・シンボル

  2. 篠突く雨の意味・類語・言い換え

  3. 姑の意味・類語・言い換え

  4. 奢る(奢り)の語源・由来

  5. 知らぬ顔の半兵衛の語源・由来

  6. 「勧める」「奨める」「薦める」の違い

  7. 四六時中の語源・由来

  8. タラバガニの語源・由来

  9. 味噌をつけるの語源・由来

  10. カツオノエボシの意味・別名・類語

人気記事

  1. 天下りの語源・由来

  2. 秋波の語源・由来

  3. インスタントの語源・由来

  4. 処女の語源・由来

  5. 千葉市の語源・由来

  6. 廊下の語源・由来

  7. 美馬市の語源・由来

TOP