ご多分に漏れずの語源・由来

「多分」は、「大部分」「大多数」の意味。
大多数の人が漏れなく付き従うという意味から、ご多分に漏れずは「他の大部分と同じように」「世間並み」「予想通り」という意味になった。
「ご(御)」が付かない「多分に漏れず」の例が古く、「ご(御)」が付いて「ご多分に漏れず」となったのは、「多分(大多数)」が「世間様」というニュアンスで捉えられたためと思われる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 回答と解答の違い・使い分け

  2. 宮城県の意味

  3. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  4. なあなあの語源・由来

  5. バイキングの意味・類語・言い換え

  6. 新年の意味・類語・言い換え

  7. 雑煮の意味・別名・類語

  8. シンガーソングライターの意味・類語・言い換え

  9. 自然と天然の違い

  10. マーマンの意味・別名・類語

  1. 成り上がりの意味・類語・言い換え

  2. 風邪の語源・由来

  3. 負けず嫌いの「ず」の意味

  4. 木と草の違い・区別の仕方

  5. いなせの意味・類語・言い換え

  6. 青果店の意味・類語・言い換え

  7. 乙女の意味・類語・言い換え

  8. パクチーの意味・別名・類語

  9. 元も子もないの語源・由来

  10. 冬の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ウサギの目が赤い理由

  2. 精子の数え方

  3. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  4. ねじとボルトとビスと釘の違い

  5. さけるとよけるの違い・使い分け

  6. トナカイとカリブーの違い

  7. 収めると納めると治めると修めるの違い・使い分け

TOP