鈴なりの語源・由来

鈴なりの「鈴」は、神楽鈴のこと。
神楽鈴は、12個または15個の小さい鈴を繋いで柄に付けたものである。
果実が群がってなるさまが、神楽鈴の鈴の付き方と似ていることから「鈴なり」と呼ぶようになり、物や人が群がり集まることも意味するようになった。
元々、鈴なりは果実のなり方をいった言葉なので、「なり」の漢字は「生り」であるが、「なりふり」や「身なり」など形状を表す「なり(形)」と解釈して、「鈴形」と表記されることもある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 伊豆市の語源・由来

  2. 矜持の意味・類語・言い換え

  3. なかんずくの語源・由来

  4. はさみの語源・由来

  5. レストランの語源・由来

  6. CPAの意味・類語・言い換え

  7. 郵便の意味・類語・言い換え

  8. 年始の意味・類語・言い換え

  9. ライチョウの語源・由来

  10. さ猪の意味・別名・類語

  1. ドキドキとワクワクとハラハラの違い・使い分け

  2. 栄養の語源・由来

  3. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  4. ごぼうの語源・由来

  5. 辞典と事典と字典の違い

  6. 若干と弱冠の違い

  7. 報酬の意味・類語・言い換え

  8. 推敲の語源・由来

  9. 平凡の意味・類語・言い換え

  10. 支度の語源・由来

人気記事

  1. 精子の数え方

  2. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  3. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  4. ピントとフォーカスの違い

  5. キャンディとドロップの違い

  6. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  7. 預金と貯金と貯蓄の違い

TOP