鈴なりの語源・由来

鈴なりの「鈴」は、神楽鈴のこと。
神楽鈴は、12個または15個の小さい鈴を繋いで柄に付けたものである。
果実が群がってなるさまが、神楽鈴の鈴の付き方と似ていることから「鈴なり」と呼ぶようになり、物や人が群がり集まることも意味するようになった。
元々、鈴なりは果実のなり方をいった言葉なので、「なり」の漢字は「生り」であるが、「なりふり」や「身なり」など形状を表す「なり(形)」と解釈して、「鈴形」と表記されることもある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ゴリ押しの意味・類語・言い換え

  2. 小結の語源・由来

  3. 「負ける」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. エンジュの語源・由来

  5. 黄金週間の意味・別名・類語

  6. やけくその語源・由来

  7. マンホールの語源・由来

  8. おいらの語源・由来

  9. イケてるの語源・由来

  10. 勇み足の意味・類語・言い換え

  1. 幇間の語源・由来

  2. 伯楽の意味・類語・言い換え

  3. ほくろの意味・別名・類語

  4. だんじりの語源・由来

  5. 「5円玉の穴」と「50円玉の穴」の違い

  6. ルンペンの語源・由来

  7. 晩夏の意味・類語・言い換え

  8. チョコの意味・別名・類語

  9. ハチノスの語源・由来

  10. 切羽詰まるの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. がんもどきの栄養基礎知識

  2. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」の違い

  3. アイサの語源・由来

  4. 「帰省」「帰郷」「里帰り」の違い

  5. 半畳を入れるの語源・由来

  6. 福島市の語源・由来

  7. 「芳香剤」「消臭剤」「脱臭剤」の違い

TOP