チョコレートの語源・由来

チョコレートの語源は、メキシコインディオで「苦い水」という意味の「chocolatre(ショコラトール)」。
ショコラトールは、メキシコ原住民の間で薬用飲料として飲まれていた香辛料を入れた飲み物で、固形ではなく甘くもなかった。
チョコレートは世界に広がり、改良が重ねられ、現在のようなチョコレートとなった。
近世後期には、オランダ語で「ショコラート」と呼ばれ、明治期にはドイツ語で「ショコラーデ」、フランス語で「ショコラ」と呼ばれるようになった。
チョコレートが日本へ入った正徳5年(1715年)には、「チョクラーツ」と呼ばれていた。
明治10年(1877年)には「貯古齢糖(ちょこれいと)」の名で発売されたが、「牛の血が混ざっている」と噂され、売れ行きは悪かった。
チョコレートが日本で人気菓子となったのは、大正7年(1918年)、森永製菓が本格的な製造を開始した以降のことである。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. スキャンダルの意味・類語・言い換え

  2. 板につくの語源・由来

  3. 虹の語源・由来

  4. だんごの語源・由来

  5. 餞の意味・類語・言い換え

  6. オペラとオペレッタとミュージカルの違い

  7. 万能の意味・類語・言い換え

  8. 邦暦の意味・類語・言い換え

  9. 果物の栄養基礎知識

  10. カレンダーの語源・由来

  1. 青天の意味

  2. ラムネの意味・類語・言い換え

  3. レンタルとリースとローンの違い

  4. 「臭い」という漢字の由来

  5. おてんばの語源・由来

  6. 水無月の意味・類語・言い換え

  7. クリスマスの意味・別名・類語

  8. 代価の意味・類語・言い換え

  9. 拙いの語源・由来

  10. 財閥の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. うなじと襟足と首筋の違い

  2. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  3. 出生地(生まれ)と出身地と地元と故郷の違い・使い分け

  4. 森と杜の違い・使い分け

  5. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  6. 注意報と警報と特別警報の違い

  7. 有ると在ると或るの違い・使い分け

TOP