瓜二つの語源・由来

瓜を二つに割ると、切り口がほとんど同じであることから、よく似ているさまを「瓜二つ」とたとえるようになった。
瓜以外でも、果実の断面はだいたい似ており、瓜が選ばれた理由は不明である。
しかし、古くから美人の一つとされる形容に「瓜実顔(うりざねがお)」があり、余分な悪い意味を含まず使えることから、「瓜二つ」になったのではないかと考えられる。
同じウリ科でも「かぼちゃ二つ」などと言ってしまえば、似ていること以上に、不細工な二人を表すことになってしまう。
「瓜二つ」の形が見られるようになるのは近代に入ってからで、1945年刊の『毛吹草』には「瓜を二つに割りたる如し」とあり、江戸時代の人形浄瑠璃時代物の『源頼家源実朝鎌倉三代記』には「見れば見るほど瓜を二つ」という形で見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 板橋区の意味・シンボル

  2. ちんちくりんの意味・類語・言い換え

  3. しめ縄の語源・由来

  4. ポシャるの語源・由来

  5. 言葉の語源・由来

  6. 栃木県の意味・シンボル

  7. 朝三暮四の意味・類語・言い換え

  8. 理容室の意味・別名・類語

  9. たちまちの語源・由来

  10. 紹興酒の栄養基礎知識

  1. クロワッサンの意味・別名・類語

  2. 「思う」と「想う」の違い

  3. ニワトリの語源・由来

  4. 紋切り型の語源・由来

  5. アレルギーの語源・由来

  6. 若いツバメの語源・由来

  7. マシュマロの語源・由来

  8. 出世魚の語源・由来

  9. 落書きの語源・由来

  10. お駄賃の語源・由来

人気記事

  1. ナンプラーの栄養基礎知識

  2. パーティーの語源・由来

  3. アオダイショウの語源・由来

  4. 黒字の語源・由来

  5. サバ(マサバ)の栄養基礎知識

  6. 三温糖の栄養基礎知識

  7. 苦いの語源・由来

TOP