斟酌の語源・由来

斟酌の「斟」は分量を探りはかりながら汲むこと、「斟」は柄杓で汲み上げる意味で、斟酌は酒や水の分量をはかってくみ分けることが原義。
そこから、ほどよく行うという意味や、相手の意を汲んで行うといった意味になった。
さらに、言動を控え目にすることや、遠慮する意味にも転じた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クロッキーの意味・類語・言い換え

  2. 希望小売価格の意味・類語・言い換え

  3. 嵐の語源・由来

  4. 危ないの語源・由来

  5. 因果の語源・由来

  6. 闘志の意味・類語・言い換え

  7. 和歌山県の意味・シンボル

  8. カモシカの種類

  9. そうめんの意味・別名・類語

  10. カリフラワーの語源・由来

  1. 両国国技館の住所はなぜ「横綱」ではなく「横網」なのか

  2. コマドリの語源・由来

  3. 喜寿の意味・類語・言い換え

  4. ペーペーの語源・由来

  5. のべつ幕なしの語源・由来

  6. ヤンキーの意味・類語・言い換え

  7. 検討の意味・類語・言い換え

  8. 「精算」と「清算」の違い

  9. 辰年の意味・類語・言い換え

  10. 居眠りの意味

人気記事

  1. アルバムの語源・由来

  2. 「金管楽器」と「木管楽器」の違い

  3. ハリセンの語源・由来

  4. にがりの語源・由来

  5. 目くじらを立てるの語源・由来

  6. にんじんの栄養基礎知識

  7. ブリの語源・由来

TOP