竜(たつ)の語源・由来

竜(龍)は呉音で「りゅう」、漢音では「りょう」といい、「たつ」は日本での読み方である。
竜を「たつ」というのは、身を立てて天に昇ることから、「たつ(立・起)」また「たちのぼる(立ち昇る)」の意味とする説。
「たかとぶ(高飛)」または「たかたる(高足)」の反で、「たつ」になったとする説。
「はつ(発)」の意味から、「たつ」になったとする説がある。
竜はヘビと体が似ており、日本ではヘビと混同されていたこともあるため、ヘビに対して竜を「身を立てて天に昇るヘビ」と考え、「たつ(立・起)」また「たちのぼる(立ち昇る)」からの説が妥当であろう。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ラグビーの語源・由来

  2. 「小額」と「少額」の違い

  3. 「方言」と「訛り」の違い

  4. 菜種梅雨の意味・類語・言い換え

  5. 嘘の皮の語源・由来

  6. トイレの語源・由来

  7. なるほどの意味・類語・言い換え

  8. 梨の意味・別名・類語

  9. 板につくの意味・類語・言い換え

  10. 横瀬町の意味・シンボル

  1. 森の意味・類語・言い換え

  2. ゆっくりの意味・類語・言い換え

  3. 相模原市の意味・シンボル

  4. 水臭いの語源・由来

  5. アーメンの語源・由来

  6. 「地獄」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. こんにちはの語源・由来

  8. ミルクレープの語源・由来

  9. クレープの語源・由来

  10. 池田市の語源・由来

人気記事

  1. 「大漁」と「豊漁」の違い

  2. 牡蠣の栄養基礎知識

  3. 「Q&A」と「FAQ」の違い

  4. 夜這いの語源・由来

  5. 折檻の語源・由来

  6. バナナの語源・由来

  7. イカの語源・由来

TOP