恋の語源・由来

恋の動詞表現は、現代では「恋する」が一般的であるが、古くは「恋ふ(こふ・こう)」で、「恋ふ」の名詞形が「恋」である。
「恋ふ」は、人に対して物を与えてくれるよう求めたり、何かをしてくれるよう願う意味の「乞う(こう)」と同根で、古くは、異性に限らず、花・鳥・季節など、目の前にない対象を慕う気持ちを表した。
『万葉集』では、「恋」を表すのに「孤悲」を当てた例が多く見られる。
やがて「恋」は、目の前にない対象が異性に限られるようになり、「会いたい」「独り占めにしたい」「一緒になりたい」といった、男女の恋愛感情を表す言葉となった。

「恋」の旧漢字は「戀」で、上部は「絲」+「音」からなり、もつれた糸にけじめをつけようとしても、容易に分けられないことを表し、「もつれる」と同系である。
これに「心」を加えた「戀(恋)」は、心が乱れて思い切りがつかないことを表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 一生懸命の語源・由来

  2. PRの語源・由来

  3. 拙いの語源・由来

  4. 桔梗の語源・由来

  5. 精算と清算の違い・使い分け

  6. ホトトギスの語源・由来

  7. 鳶職の語源・由来

  8. 本命の語源・由来

  9. 海苔の語源・由来

  10. おかかの語源・由来

  1. 春の大型連休の意味・別名・類語

  2. チェリーボーイの意味・類語・言い換え

  3. 鶏卵の意味・別名・類語

  4. 発達と発展と進展と進歩と向上の違い・使い分け

  5. 墓の意味・類語・言い換え

  6. 阿鼻叫喚の語源・由来

  7. おしることぜんざいの違い

  8. ほとんどの語源・由来

  9. りんごの語源・由来

  10. 相棒の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ウールとカシミヤ(カシミア)の違い

  2. 卵と玉子の違い・使い分け

  3. 歳と才の違い

  4. 郵便マーク「〒」の由来

  5. 染料インクと顔料インクの違い

  6. 暑いと熱いの違い・使い分け

  7. 時期と時季と時機の違い・使い分け

TOP