宮城県の語源・由来

宮城の県名は、廃藩置県で「仙台藩」から「仙台県」となった翌年、県成立時の県庁所在地であった郡名の「宮城」に改められたものである。
宮城の地名の由来には、奈良時代に陸奥国府の多賀城が置かれ、朝廷の出先機関にあたることから「宮宅・屯宅(みやけ)」と呼ばれていたものが、「みやぎ」に変化して「宮城」の字が当てられたとする説。
多賀城が「朝廷の城」の意味で「宮城」と呼ばれていたとする説。
宮城の「宮」は古くからある塩釜神社を指しており、接尾語の「ぎ」に「城」が当てられたとする説。
みやぎの語構成は「み」+「やぎ」で、「み」が美称としての接頭語の「み(御)」、「やぎ」は湿地を表す語などの説がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 許可と認可の違い・使い分け

  2. ATMとCD(キャッシュディスペンサー)の違い

  3. 素封家の意味・類語・言い換え

  4. 努めるの意味・類語・言い換え

  5. 忌々しいの語源・由来

  6. ヨガとピラティスの違い

  7. 自然の語源・由来

  8. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  9. やぶへびの意味・類語・言い換え

  10. ラーメンの種類

  1. 試合と仕合の違い・使い分け

  2. 感心と関心の違い・使い分け

  3. 強運の意味・類語・言い換え

  4. 一目置くの語源・由来

  5. しのぎを削るの語源・由来

  6. 夫の意味

  7. 事実と真実の違い

  8. 赤ワインの栄養基礎知識

  9. 鏡(鑑)の語源・由来

  10. ウサギの目が赤い理由

人気記事

  1. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  2. 延期と順延と延長の違い・使い分け

  3. 寄付金と義援金と支援金の違い

  4. サラリーマンとビジネスマンの違い・使い分け

  5. カレーうどんとカレー南蛮の違い

  6. 森と林と森林の違い・使い分け

  7. 徳利とお銚子の違い

TOP