図星の語源・由来

図星は、矢の的の中心に描かれた黒点のこと。
この図星を狙って弓で矢を射るところから、急所や狙いどころの意味となった。
さらに、思惑や指摘などをピタリと当てる意味でも、図星は用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ナンパの語源・由来

  2. トラウマの語源・由来

  3. カニの語源・由来

  4. クレープの語源・由来

  5. 麦雨の語源・由来

  6. 埒が明かないの語源・由来

  7. 面倒な里芋の皮むきもレンジで簡単に! 里芋を皮つきで食べる方法も紹介

  8. 風の語源・由来

  9. 茨城県の語源・由来

  10. 頑丈の語源・由来

  1. ハモの意味・別名・類語

  2. アウトレットの語源・由来

  3. 静岡県の市区町名一覧

  4. ポチ袋の語源・由来

  5. オムニバスの意味・類語・言い換え

  6. クスノキの語源・由来

  7. 無料の意味・類語・言い換え

  8. 胡散臭いの語源・由来

  9. ムササビの語源・由来

  10. はずの語源・由来

人気記事

  1. ボウリングのピンが9本から10本になった理由

  2. キャンディとドロップの違い

  3. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  4. 懲役と禁錮(禁固)と拘留の違い

  5. 先祖と祖先の違い

  6. 精算と清算の違い・使い分け

  7. ウイスキーとブランデーの違い

TOP