指の語源・由来

指の語源は諸説あるが、古くは「および」と言い、さし出して物に及ぶところから、「及び(および)」の意味とする説がよい。
現代では手足ともに「ゆび」と呼ぶが、元は手のものを「指(てゆび)」、足のものを「趾(あしゆび)」といって区別していた。

漢字の「指」は、「手」+音符「旨(シ)」からなる形声文字で、まっすぐに伸びて直線に物をさすゆびを表している。
なお、「旨」には「うまい」の意味があるが、「指」の漢字では音符に過ぎず、「うまい」の意味は含まれていない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ジャージとスウェットとトレーナーの違い

  2. 私の語源・由来

  3. おきゃんの語源・由来

  4. 縁起の語源・由来

  5. 脚本の意味・類語・言い換え

  6. ジンクスの語源・由来

  7. クイズの語源・由来

  8. レーズンの種類

  9. 餞別の意味・類語・言い換え

  10. ロメインレタスの栄養基礎知識

  1. ナメクジの語源・由来

  2. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  3. 智頭町の語源・由来

  4. 油を絞るの語源・由来

  5. うなぎの栄養基礎知識

  6. コレステロールの語源・由来

  7. おかゆと雑炊とおじやとリゾットの違い

  8. 火中の栗を拾うの意味・類語・言い換え

  9. サーロインの語源・由来

  10. 霜の語源・由来

人気記事

  1. 事実と真実の違い

  2. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  3. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

  4. 青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの違い

  5. なぜ犬はお尻の臭いを嗅ぐのか

  6. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  7. 元日と元旦と正月の違い

TOP