ローストの語源・由来

ローストは、英語「roast」からの外来語。
「あぶり焼き」を意味するゲルマン祖語の「raustjan」が、12世紀にゲルマン系のフランク語「rostir(ロスティール)」となり、13世紀に英語に入り「roast」となった。
一般的に「ローストチキン」や「ローストビーフ」など肉料理に用い、「あぶり焼き」や「蒸し焼き」を意味するが、「ローストナッツ」のように「豆類をいる」の意味でも用いられる。

出典:語源由来辞典

TOP