ローストの語源・由来

ローストは、英語「roast」からの外来語。
「あぶり焼き」を意味するゲルマン祖語の「raustjan」が、12世紀にゲルマン系のフランク語「rostir(ロスティール)」となり、13世紀に英語に入り「roast」となった。
一般的に「ローストチキン」や「ローストビーフ」など肉料理に用い、「あぶり焼き」や「蒸し焼き」を意味するが、「ローストナッツ」のように「豆類をいる」の意味でも用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 鯛の語源・由来

  2. 兵庫県の語源・由来

  3. リンドウの種類

  4. メリハリの語源・由来

  5. 料理の語源・由来

  6. クッキー(Web)の語源・由来

  7. 小松菜の栄養基礎知識

  8. リゾットの語源・由来

  9. アイナメの語源・由来

  10. 呂律が回らないの語源・由来

  1. ロハの意味・類語・言い換え

  2. 砂肝の意味・類語・言い換え

  3. ひもじいの語源・由来

  4. 生活の意味・類語・言い換え

  5. 文京区の意味・シンボル

  6. 砂丘と砂漠の違い

  7. 関東雛と京雛の違い

  8. 牛の角を蜂が刺すの意味・類語・言い換え

  9. 貴様の語源・由来

  10. てんとう虫の種類

人気記事

  1. 影と陰の違い・使い分け

  2. レンタルとリースとローンの違い

  3. ラムネとサイダーとソーダの違い

  4. ヨガとピラティスの違い

  5. 離すと放すの違い・使い分け

  6. なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

  7. 準備と用意と支度の違い

TOP