狡兎死して走狗烹らるの語源・由来

「狡兎(こうと)」はすばしっこいウサギ、「走狗(そうく)」は猟犬のこと。
出典は『史記(越王勾践世家)』で、ウサギを追うのに使われていた犬も、ウサギが死んでしまえば用がなくなり、煮て食われてしまうことにたとえ、「狡兎死して走狗烹らる」は、敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣であっても邪魔者扱いされて殺されてしまう意味で用いられた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 食べるの語源・由来

  2. 「酒」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. おじやの語源・由来

  4. 梨の種類

  5. 地方の意味・類語・言い換え

  6. さしあたりの意味・類語・言い換え

  7. ナルシストの意味・類語・言い換え

  8. 牡丹餅の意味・別名・類語

  9. 彼岸花の意味・別名・類語

  10. おはぎの意味・別名・類語

  1. けちをつけるの語源・由来

  2. 神父の意味・類語・言い換え

  3. コエンドロの意味・別名・類語

  4. パーティーの意味・類語・言い換え

  5. たんこぶの語源・由来

  6. 嘉辰の意味・類語・言い換え

  7. 茨城県の意味・シンボル

  8. 釧路市の語源・由来

  9. けちをつけるの意味・類語・言い換え

  10. 「ダックスフント」と「ダックスフンド」の違い

人気記事

  1. 智頭町の語源・由来

  2. 血税の語源・由来

  3. 神楽の語源・由来

  4. 北九州市の語源・由来

  5. 素人の語源・由来

  6. 西尾市の語源・由来

  7. 「児童」「生徒」「学生」の違い

TOP