琴瑟相和すの語源・由来

「瑟(しつ)」は、中国古代の弦楽器で大型の琴。
琴と瑟を合奏すると音がよく合うところから、夫婦の仲睦まじしさを「琴瑟相和す」とたとえて言うようになった。
ただし、出典の『詩経(小雅・常棣)』には、「妻子好合、如レ鼓二琴瑟一(妻子が仲睦まじいことは琴と瑟が相和するようである)」とあり、元々は夫婦のことを言ったものではなかった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. バーゲンの語源・由来

  2. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」の違い

  3. ハッカの語源・由来

  4. ライオンの語源・由来

  5. めどの語源・由来

  6. 文明の種類

  7. 棟梁の語源・由来

  8. 生意気の意味・類語・言い換え

  9. ハマグリの語源・由来

  10. 志摩市の語源・由来

  1. コバンザメの語源・由来

  2. 「寝る」と「眠る」の違い

  3. ドラ息子の意味・類語・言い換え

  4. 情けは人の為ならずの意味・類語・言い換え

  5. 降って湧くの意味・類語・言い換え

  6. かたきの意味・類語・言い換え

  7. メランザーネの意味・別名・類語

  8. なまじっかの語源・由来

  9. 圧力鍋で時短調理できる仕組み

  10. バンジージャンプの語源・由来

人気記事

  1. 一言居士の語源・由来

  2. 「心療内科」と「精神科」の違い

  3. 「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

  4. 牡蠣の栄養基礎知識

  5. しめじの栄養基礎知識

  6. ゆで卵の栄養基礎知識

  7. 「回復」と「快復」の違い

TOP