カンカン帽の語源・由来

カンカン帽は、麦稈真田(ばっかんさなだ)という麦わらを平たくつぶして真田紐のように編んだ素材をプレスで固く成型し、ニスや糊でぬり固めてある。
そのため、叩くと「カンカン」と音がするほど固いことから、「カンカン帽」と呼ばれるようになった。
カンカン帽が固く作られたのは、水平や船乗りの被る帽子が水しぶきで損傷するため、軽くて耐久性のあるものをと考案されたのが始まりといわれる。
日本では、明治末から昭和初期まで流行した。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 杞憂の意味・類語・言い換え

  2. はたちの意味・類語・言い換え

  3. 大器晩成の語源・由来

  4. 温州みかんの語源・由来

  5. 干し柿の栄養基礎知識

  6. はちみつとメープルシロップの違い!カロリーや糖質などの栄養素、危険性や保存方法の違いまで

  7. マンネンロウの意味・別名・類語

  8. イルカの語源・由来

  9. 子年の意味・類語・言い換え

  10. 診療所の意味・類語・言い換え

  1. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」の違い

  2. ミヤギノハギの語源・由来

  3. 牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

  4. 差出がましいの意味・類語・言い換え

  5. 青の語源・由来

  6. 金魚の種類

  7. ハリセンの語源・由来

  8. 布石の意味・類語・言い換え

  9. ラッキーセブンの語源・由来

  10. 斟酌の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 進退窮まるの語源・由来

  2. テンジクネズミの語源・由来

  3. 浅はかの語源・由来

  4. トラウマの語源・由来

  5. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」の違い

  6. 足袋の語源・由来

  7. 魚沼市の語源・由来

TOP