愛多ければ憎しみ至るの語源・由来

多く愛されればされるほど、他の人から嫉妬され憎まれるようになることから。
『亢倉子』の「恩甚則怨生、愛多則憎至」に由来する。

出典:愛多ければ憎しみ至る – 故事ことわざ辞典

TOP