会社の語源・由来

会社は、蘭学書を翻訳する際につくられた和製漢語で、当初は広い意味での「団体」「集団」を表した。
江戸末期から明治初期には、英語「society」の訳語として「社会」「結社」「仲間」「社中」などと共に使われ、「club」の訳語にも「会社」が当てられた。
明治7年(1874年)から明治10年(1877年)にかけ、「society」の訳語には「社会」、「company」には「会社」というように言葉が整理され、現在のような狭い意味で「会社」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 海老鯛の意味・類語・言い換え

  2. 閻魔帳の意味・類語・言い換え

  3. 頭と顔の境目はどこか

  4. だんごの語源・由来

  5. 感賞の意味・類語・言い換え

  6. 帰籍の意味・類語・言い換え

  7. 電子レンジの仕組み・原理

  8. 三角関係の意味・類語・言い換え

  9. 不可能の意味・類語・言い換え

  10. ウォーキングとジョギングとランニングの違い

  1. なぜ空は青いのか

  2. ピーマンの意味・別名・類語

  3. 猫に小判の語源・由来

  4. 二の足を踏むの語源・由来

  5. 雑炊の語源・由来

  6. 軍艦巻きの意味・別名・類語

  7. すだちの語源・由来

  8. ゴシップの語源・由来

  9. 立臼の意味・類語・言い換え

  10. なるほどの語源・由来

人気記事

  1. ワイシャツとカッターシャツの違い

  2. 恋と愛の違い

  3. 違法と不法と非合法と脱法の違い

  4. ウイスキーとブランデーの違い

  5. クレヨンとクレパスの違い

  6. コラムとエッセイの違い

  7. 通常逮捕と緊急逮捕と現行犯逮捕の違い

TOP