元旦の語源・由来

元旦の「元」は「はじめ」の意味。
「旦」は「日」が「太陽」、その下の横棒が「地平線」で、地平線から太陽が現れることを示し、「日の出」や「朝」の意味をもつ。
つまり、一年の最初の朝なので、元日の朝を意味する。
このようなことから、元日(一月一日)の意味で元旦を使うのは誤りといわれるが、古くから、元旦は元日の意味でも用いられており、朝に限って使われる言葉ではない。
朝は一日の始まりを表す言葉で、一年の始まりという意味では、1月1日は一年の朝である。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 砂と土の違い

  2. 太公望の意味・類語・言い換え

  3. 在宅ワークと内職の違い

  4. Octoberの意味・類語・言い換え

  5. うな丼の意味・別名・類語

  6. 同義語の意味・類語・言い換え

  7. 代表取締役と社長と代表取締役社長の違い

  8. 猫の意味・別名・類語

  9. 明く・明けると開く・開けると空く・空けるの違い・使い分け

  10. 夏日と真夏日と猛暑日と酷暑日と熱帯夜の違い

  1. 勿怪の幸いの語源・由来

  2. 天真の意味・類語・言い換え

  3. プレゼントとギフトの違い

  4. 雑学と豆知識の違い

  5. 代議士と国会議員の違い

  6. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

  7. 卓球とピンポンの違い

  8. 天邪鬼の意味・類語・言い換え

  9. 女房の語源・由来

  10. 経験と体験の違い・使い分け

人気記事

  1. 気象衛星ひまわりとアメダスの違い

  2. 辞典と事典と字典の違い

  3. 3つの区の境にあるJR板橋駅の住所はなぜ板橋区なのか

  4. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

  5. 帰省と帰郷と里帰りの違い・使い分け

  6. 夢と希望の違い・使い分け

  7. 御霊前と御仏前の違い

TOP