刹那の語源・由来

刹那は、サンスクリット語「kṣaṇa」の音写で、漢訳は「念」という。
仏教語で「刹那」は時間の最小単位を意味し、その時間には、75分の1秒を「一刹那」とする説や、指を1回弾く間に60あるいは65あり、60分の1(65分の1)を「一刹那」とするなど諸説ある。
本来は、「刹那という極めて短い時間を大切に生きよ」という教えで用いられた言葉だが、「刹那主義」では「過去や将来のことを考えないで、束の間の快楽に溺れる考え方」の意味で用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ローズマリーの語源・由来

  2. ファビュラスの語源・由来

  3. 成金の意味・類語・言い換え

  4. かまいたちの語源・由来

  5. 大阪市の意味・シンボル

  6. 学ぶの語源・由来

  7. 邦暦の意味・類語・言い換え

  8. スミイカの意味・別名・類語

  9. 糠の語源・由来

  10. 最初はグーの意味・類語・言い換え

  1. パチンコの語源・由来

  2. 年末の意味・類語・言い換え

  3. 核家族の意味・類語・言い換え

  4. 「順序」と「順番」の違い

  5. ホッチキスの語源・由来

  6. スペアミントの語源・由来

  7. カンガルーの語源・由来

  8. イタチの語源・由来

  9. ひつまむしの意味・別名・類語

  10. 晩餐会の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い

  2. 「思う」と「考える」の違い

  3. 賽の河原の語源・由来

  4. ブルドッグの語源・由来

  5. 「一般職」と「総合職」の違い

  6. 夏枯草の語源・由来

  7. 西洋かぼちゃの栄養基礎知識

TOP