南無三の語源・由来

南無三は、仏教語「南無三宝(なむさんぼう)」の略。
「南無」はサンスクリット語「namas(ナマス)」や、仏典に用いたパーリ語「namo(ナモ)」の音訳で、「帰命」「帰依」「信じてよりすがる」を意味する。
「三宝」は「仏」と、仏の教えである「法」、その教えを広める「僧」のことで、仏教ではもっとも敬うべきとされるものである。
つまり、「南無三宝」は「仏」「法」「僧」の三宝の救いを請うという意味である。
三宝の救いを請うことから、失敗した時などに「南無三宝」や略した「南無三」と言うようになり、「しまった」「大変だ」といった感動詞として「なむさんだ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 人種と民族の違い

  2. 泥の語源・由来

  3. ドラの語源・由来

  4. 摩訶不思議の語源・由来

  5. HIVとエイズの違い

  6. 肉(肉類)の栄養基礎知識

  7. キリンの語源・由来

  8. PRの語源・由来

  9. ブランコの種類

  10. カーディガンの語源・由来

  1. 依怙贔屓の語源・由来

  2. なすびの意味・別名・類語

  3. 痔の語源・由来

  4. エニシダの語源・由来

  5. 目とまなこと瞳の違い・使い分け

  6. とっくにの語源・由来

  7. ムカデの語源・由来

  8. カエルの語源・由来

  9. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  10. Julyの意味・異名・類語

人気記事

  1. チョッキとベストとジレの違い

  2. 特徴と特長の違い・使い分け

  3. 川と河と河川の違い

  4. おしることぜんざいの違い

  5. 薬局と薬店とドラッグストアの違い

  6. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  7. アカデミー賞とオスカーの違い

TOP