南無三の語源・由来

南無三は、仏教語「南無三宝(なむさんぼう)」の略。
「南無」はサンスクリット語「namas(ナマス)」や、仏典に用いたパーリ語「namo(ナモ)」の音訳で、「帰命」「帰依」「信じてよりすがる」を意味する。
「三宝」は「仏」と、仏の教えである「法」、その教えを広める「僧」のことで、仏教ではもっとも敬うべきとされるものである。
つまり、「南無三宝」は「仏」「法」「僧」の三宝の救いを請うという意味である。
三宝の救いを請うことから、失敗した時などに「南無三宝」や略した「南無三」と言うようになり、「しまった」「大変だ」といった感動詞として「なむさんだ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 鏡の意味・類語・言い換え

  2. とてつもないの語源・由来

  3. 市松模様の語源・由来

  4. 元旦の語源・由来

  5. 倉敷市の語源・由来

  6. かかしの意味・類語・言い換え

  7. フィクションの意味・類語・言い換え

  8. 千葉市の語源・由来

  9. アセビの意味・別名・類語

  10. 千代田区の意味・シンボル

  1. 洗いの意味・類語・言い換え

  2. 埴輪の語源・由来

  3. 東京都府中市の語源・由来

  4. インストラクターの意味・類語・言い換え

  5. 解答の意味・類語・言い換え

  6. ドロンの意味・類語・言い換え

  7. 漢字の語源・由来

  8. ごぼう抜きの意味・類語・言い換え

  9. 鹿児島市の意味・シンボル

  10. フィアンセの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. テッポウユリの語源・由来

  2. 九官鳥の語源・由来

  3. 「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

  4. みかじめ料の語源・由来

  5. おきゃんの語源・由来

  6. 「木材」と「材木」の違い

  7. 天下りの語源・由来

TOP