うさぎの語源・由来

うさぎの語源には多くの説があるが、大まかに分けると以下のとおりである。
うさぎの古形は「う」で、「さぎ」を補ったとする説。
「ヲサキ(尾先切)」が転じて「うさぎ」になったたとする説。
「ウスゲ(薄毛)」が転じたとする説。
高句麗語で「うさぎ」を意味する「オサガム(烏斯含)」が変化したとする説。
特徴的な耳と口から、「ウス(薄)」+「アギ(顎)」からか、「ウス(失)」+「アギ(顎)」からとする説。

上記の中で、古形が「う」で「さぎ」が付いたとする説が妥当であるが、「う」が何を表したか定かではない。
先に「うさぎ」の語があり、のちに「う」の呼称が生じたともいわれる。
しかし、一拍語は嫌われる傾向にあり、後から一拍語に変化することは考えがたいため、「う」に「さぎ」が補われたと考えるのが妥当である。

古形「う」からとする説の中にも、「さぎ」については様々で、白い色から鳥の「サギ(鷺)」のこととする説。
「うさぎ」を意味するサンスクリット語「ササカ(舎舎迦)」が付いたとする説。
東国語形では「ヲサギ」といったことから、古形の「ウ」と「ヲサギ」が合わさったとする説などがある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. お茶の子さいさいの意味・類語・言い換え

  2. ルーキーの語源・由来

  3. 挨拶の語源・由来

  4. 棒棒鶏の意味・似た料理

  5. リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

  6. 整理と整頓の違い

  7. おみくじの語源・由来

  8. 宮城県の市区町名一覧

  9. 「煩わしい」「面倒」「厄介」の違い

  10. 恵方巻きの語源・由来

  1. 川越市の意味・シンボル

  2. 神楽の語源・由来

  3. 橋の語源・由来

  4. 赤磐市の意味・シンボル

  5. 弥生の語源・由来

  6. 氏の語源・由来

  7. 冬の意味・類語・言い換え

  8. 降雪と積雪と着雪の違い

  9. 稼ぐの語源・由来

  10. 牛の角を蜂が刺すの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. おちょこの底にある青い二重丸の名称と役割

  2. パートとアルバイトの違い

  3. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」の違い

  4. 風邪とインフルエンザの違い

  5. 「砂」と「土」の違い

  6. 「宿命」と「運命」の違い

  7. 伺うと窺うの違い・使い分け

TOP