瞳の語源・由来

瞳の語源には、「ヒトミ(日止視)」と「ヒトミ(人見)」の意味の二説ある。
「日止視」の意味はよく分からないが、日光を見た時に見えなくなるという意味とすれば、瞳が見るためのものであるにも関わらず、見えないことを基準に置くのは不自然で考え難い。
瞳は人を見るだけのものではないため、「人見」の説もおかしいように思えるが、相手のひとみを正面から見た時、そこには常に自分(人)の姿が写っているため、この説は十分に考えられる。

漢字「瞳」の「童」は「穴を通す」という意味で、「わらべ」や「わらわ」ではない。「瞳」の字は「眼球を突き抜ける穴」で「瞳孔」を表している。
もうひとつの漢字「眸」の「牟」は、「もとめる」「むさぼる」の意味があり、「眸」は「まぶたを押しのけて見る目」の意味がある。
「瞳」が目の中の黒い部分を指すのに対し、「眸」は「見開いた目玉」「目を見開いてよく見る」といった意味を含んでいる。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 御霊前と御仏前の違い

  2. 感心の意味・類語・言い換え

  3. 試合と仕合の違い・使い分け

  4. 軟水と硬水の違い

  5. 割愛の意味

  6. 成金の意味・類語・言い換え

  7. 毎月の意味・類語・言い換え

  8. 呉服の語源・由来

  9. 類義語の意味・類語・言い換え

  10. 荒いと粗いの違い・使い分け

  1. 拙いの意味・類語・言い換え

  2. 心肺停止状態の意味・類語・言い換え

  3. 時季の意味・類語・言い換え

  4. ニートの語源・由来

  5. 価格と値段と料金と代金と代価と金額の違い・使い分け

  6. 手探りの意味・類語・言い換え

  7. 大根の意味・別名・類語

  8. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  9. サイダーの意味・類語・言い換え

  10. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

人気記事

  1. 交代と交替の違い・使い分け

  2. パンプスとハイヒールの違い

  3. BSとCSの違い

  4. 雑草と野草の違い

  5. キャンディとドロップの違い

  6. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  7. ベテランとエキスパートとスペシャリストの違い

TOP