瞳の語源・由来

瞳の語源には、「ヒトミ(日止視)」と「ヒトミ(人見)」の意味の二説ある。
「日止視」の意味はよく分からないが、日光を見た時に見えなくなるという意味とすれば、瞳が見るためのものであるにも関わらず、見えないことを基準に置くのは不自然で考え難い。
瞳は人を見るだけのものではないため、「人見」の説もおかしいように思えるが、相手のひとみを正面から見た時、そこには常に自分(人)の姿が写っているため、この説は十分に考えられる。

漢字「瞳」の「童」は「穴を通す」という意味で、「わらべ」や「わらわ」ではない。「瞳」の字は「眼球を突き抜ける穴」で「瞳孔」を表している。
もうひとつの漢字「眸」の「牟」は、「もとめる」「むさぼる」の意味があり、「眸」は「まぶたを押しのけて見る目」の意味がある。
「瞳」が目の中の黒い部分を指すのに対し、「眸」は「見開いた目玉」「目を見開いてよく見る」といった意味を含んでいる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. サンマの語源・由来

  2. 破天荒の語源・由来

  3. 他山の石の意味・類語・言い換え

  4. アルタイルの意味・別名・類語

  5. バーゲンの語源・由来

  6. 「慎む」と「謹む」の違い

  7. 湯船の意味・類語・言い換え

  8. ぺんぺん草の語源・由来

  9. 「違う」と「異なる」の違い

  10. 泊村の語源・由来

  1. 堂々巡りの語源・由来

  2. 振り返るの意味・類語・言い換え

  3. クリスマスの意味・別名・類語

  4. 戒名の語源・由来

  5. 土偶の意味

  6. アマゴの意味・別名・類語

  7. かんなの語源・由来

  8. 「伯母」「叔母」「小母」の違い

  9. 布団の意味・類語・言い換え

  10. 木綿の語源・由来

人気記事

  1. 神戸市の語源・由来

  2. しじみの栄養基礎知識

  3. 人間ドックの語源・由来

  4. 豊平区の語源・由来

  5. ギターの語源・由来

  6. 「煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い

  7. 能書きの語源・由来

TOP