雑煮の語源・由来

武家社会では、雑煮を「烹雑(ほうぞう)」と呼んでいた。
「烹雑」の「烹」は「煮る」の意味で、餅や野菜、海産物など雑多なものを入れて煮ることからこの名がある。
「烹雑」は「煮雑(にまぜ)」とも呼ばれ、これを反転したのが「雑煮」である。
元々、雑煮は正月料理に限定されるものではなかったが、室町時代の武家社会において祝い膳として出されるようになり、正月料理となった。
これは、大晦日の夜にその土地でとれた海や山のさちを神に供え、そのおさがりを食べたことの名残である。
ただし、江戸時代にも正月以外に食べられていた記述があり、室町期以降も正月料理に限定されていたというわけではないようである。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 尻馬に乗るの語源・由来

  2. 月毎の意味・類語・言い換え

  3. 大晦日の意味・別名・類語

  4. ナスの意味・別名・類語

  5. 同棲の意味・類語・言い換え

  6. 亭主の語源・由来

  7. 母体と母胎の違い

  8. 模索の意味・類語・言い換え

  9. ラックの意味・類語・言い換え

  10. 正月の語源・由来

  1. 新年の意味・類語・言い換え

  2. 宮城県の語源・由来

  3. 正五九月の意味・類語・言い換え

  4. 十分(充分)と存分の違い・使い分け

  5. 皮(革)の語源・由来

  6. 埴輪の語源・由来

  7. 鉄火巻きの語源・由来

  8. 運動会と体育祭の違い

  9. フードの意味・類語・言い換え

  10. けじめの語源・由来

人気記事

  1. バカとアホの違い

  2. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  3. ちょくちょくとしばしばと度々の違い・使い分け

  4. パフェとサンデーの違い

  5. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  6. クリスマスとクリスマスイブの違い

  7. 砂丘と砂漠の違い

TOP