銭の語源・由来

銭の字音「せん」が変化し「ぜに」と言うようになった。
日本で最初の銭は、683年頃につくられた「富本銭(ふほんせん)」であるが、富本銭が流通貨幣であったか定かでないことから、708年の「和同開珎(わどうかいちん・わどうかいほう)」が日本で最初に鋳造された流通貨幣とされている。
古くは金貨・銀貨を銭に両替することを「銭を買う」と言い、小銭を額面の大きい貨幣に両替することを業とする者を「銭売り」「金あきんど」などと言った。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ひよこ豆の名前の由来はひよこに似ているからではない!

  2. ターコイズの語源・由来

  3. 鏡(鑑)の語源・由来

  4. 規模の語源・由来

  5. 負けず嫌いの意味・類語・言い換え

  6. カミナリイカの意味・別名・類語

  7. 剣が峰の語源・由来

  8. 盛運の意味・類語・言い換え

  9. 御曹司の語源・由来

  10. 中井町の意味・シンボル

  1. 魔除けの矢の意味・別名・類語

  2. ビー玉の意味・別名・類語

  3. 勘当の意味・類語・言い換え

  4. 差異の意味・類語・言い換え

  5. あいにくの語源・由来

  6. 目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

  7. 「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の違い

  8. 足元を見るの語源・由来

  9. 玄人はだしの意味・類語・言い換え

  10. アンペアの意味・類語・関連語

人気記事

  1. 割愛の語源・由来

  2. まばたきの語源・由来

  3. 「送る」と「贈る」の違い

  4. オクラの栄養基礎知識

  5. いびるの語源・由来

  6. 「染料インク」と「顔料インク」の違い

  7. ケショウヤナギの語源・由来

TOP