営むの語源・由来

営むは、「暇がない」「忙しい」とう意味の形容詞「いとなし(暇無し)」の語幹に、動詞を作る語尾「む」が付いた語で、元々は「忙しく物事をする」「せっせと務める」という意味であった。
怠ることなく物事に務める意味から、営むは「執り行う」「準備する」「こしらえる」「経営する」という意味を生じた。
その他、営むの語源には、「いと」が「いたずく(労く)」の「いた」と同語で、「なむ」は「なり(業)」とする説や、「いとあむ(糸編)」が転じたとする説などあるが、いずれも音に合う言葉を当てただけである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. おならの語源・由来

  2. 賞与の意味・類語・言い換え

  3. 図々しいの語源・由来

  4. 万引きの意味・類語・言い換え

  5. エノコロヤナギの意味・別名・類語

  6. 疑心暗鬼の語源・由来

  7. 無邪気の意味・類語・言い換え

  8. アメジストの語源・由来

  9. 煎茶の栄養基礎知識

  10. 阿鼻叫喚の語源・由来

  1. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  2. 解答の意味・類語・言い換え

  3. しどろもどろの意味・類語・言い換え

  4. ほうれん草の語源・由来

  5. 岩手県の市町村名一覧

  6. 作製の意味・類語・言い換え

  7. 通夜と葬儀と告別式の違い

  8. 冷蔵と冷凍と氷温とチルドとパーシャルの違い

  9. インタビューの語源・由来

  10. ビュッフェの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

  2. レギュラーガソリンとハイオクの違い

  3. 冷蔵と冷凍と氷温とチルドとパーシャルの違い

  4. 小額と少額の違い・使い分け

  5. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  6. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  7. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

TOP