営むの語源・由来

営むは、「暇がない」「忙しい」とう意味の形容詞「いとなし(暇無し)」の語幹に、動詞を作る語尾「む」が付いた語で、元々は「忙しく物事をする」「せっせと務める」という意味であった。
怠ることなく物事に務める意味から、営むは「執り行う」「準備する」「こしらえる」「経営する」という意味を生じた。
その他、営むの語源には、「いと」が「いたずく(労く)」の「いた」と同語で、「なむ」は「なり(業)」とする説や、「いとあむ(糸編)」が転じたとする説などあるが、いずれも音に合う言葉を当てただけである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. あにはからんやの意味・類語・言い換え

  2. 記名の意味・類語・言い換え

  3. 高知県の意味・シンボル

  4. 「方言」と「訛り」の違い

  5. 「体」と「身体」の違い

  6. 草の語源・由来

  7. 「古本」と「古書」の違い

  8. 「糠」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 「船」と「舟」の違い

  10. ヨーグルトの語源・由来

  1. リムジンの語源・由来

  2. ギャグの語源・由来

  3. ひじきの種類

  4. スミレの語源・由来

  5. 「春」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 大田区の意味・シンボル

  7. あんぽんたんの意味・類語・言い換え

  8. アジ(マアジ)の栄養基礎知識

  9. 花の語源・由来

  10. アジトの語源・由来

人気記事

  1. もみじの語源・由来

  2. 山口市の語源・由来

  3. はんこの語源・由来

  4. ザクロの語源・由来

  5. ザボンの語源・由来

  6. 宮崎市の語源・由来

  7. 甲府市の語源・由来

TOP