レーズンの栄養基礎知識

レーズンの特徴、栄養・効能、保存方法、加工品など、知っておきたいレーズンの基礎知識。

レーズンの特徴

レーズンとは、ぶどうを天日干しや人工的に乾燥させたドライフルーツの一種で、「干しぶどう」とも呼びます。
そのまま食するほか、ヨーグルトやシリアルに混ぜたり、パンやお菓子作り、様々な料理に利用されます。

レーズンの栄養・効能

レーズンには糖質が多く含まれています。この糖質は、脳や神経組織、赤血球などの唯一のエネルギー源となるブドウ糖で、体内に吸収されてからエネルギーに変わるのが早いため、疲労回復や体力増強に即効性があります。
レーズンはぶどうを乾燥させて水分を飛ばしているため、栄養成分が凝縮されています。
生のぶどうに比べ、カリウムとリンが約6倍、カルシウムは約10倍、鉄は約20倍、銅は約8倍と、非常に栄養価が高くなっています。
食物繊維も生のぶどうに比べて約4倍含まれているため、便秘解消やダイエット効果も期待できます。
また、骨を強化するマンガンや亜鉛、血栓予防や視力改善に有効といわれるアントシアニンも多く含まれています。
逆に脂質は低く、コレステロールはゼロです。

レーズンの保存方法

レーズンは乾燥剤の入った密閉容器で保存します。

レーズンの加工品

ぶどうパン、ラムレーズン。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 挙げ句の果ての語源・由来

  2. 夕焼けと夕暮れの違い

  3. きな臭いの語源・由来

  4. サイクロンの語源・由来

  5. 武士の語源・由来

  6. 伊豆市の語源・由来

  7. 目と眼の違い・使い分け

  8. OKの語源・由来

  9. 札幌市の語源・由来

  10. おとりの語源・由来

  1. 左うちわの語源・由来

  2. ハモの語源・由来

  3. 鈴なりの語源・由来

  4. うさぎ小屋の語源・由来

  5. 神無月の語源・由来

  6. しょっちゅうの語源・由来

  7. しゃもじの語源・由来

  8. 多治見市の意味・シンボル

  9. ハタハタの語源・由来

  10. 太刀打ちの語源・由来

人気記事

  1. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  2. 手段と方法の違い・使い分け

  3. 大雨と豪雨の違い

  4. ヨガとピラティスの違い

  5. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  6. 芭蕉とバナナの違い

  7. 根本的と抜本的の違い

TOP