「蓼食う虫も好き好き」の語源・由来とは?虫の好みから人の多様性を学ぶ

「蓼食う虫も好き好き」の「蓼」は、「ヤナギタデ(柳蓼)」を指し、その茎や葉に苦味があります。この苦味があるなかで、好んで食べる虫がいることから、この言葉は人の好みが様々であることを表すたとえとして用いられています。

タデを好んで食べる虫は「蓼虫(りょうちゅう・たでむし)」と呼ばれ、ホタルハムシなどの甲虫を指します。この表現は、中国南宋時代の随筆集『鶴林玉露』に由来し、「氷蚕は寒さを知らず、火鼠は熱さを知らず、蓼虫は苦さを知らず、ウジ虫は臭さを知らず」と記されています。日本では江戸時代の狂言台本『縄綯』にも「たでくふ虫もすきずきと申すが…」という表現が見られます。

「蓼食う虫も好き好き」という言葉から、一般的にはタデを好んで食べるのは蓼虫だけだと思われがちですが、実際には人間も刺身のつまや蓼酢として食用にしています。

参考:蓼食う虫も好き好きの語源・由来

TOP
テキストのコピーはできません。