菊の語源・由来

菊は、奈良時代に観賞用として中国から渡来したもので、漢音が語源となっている。
漢字「菊」の下部は、手の中に米をまるめて握ったさまを表し、それに草冠を加えて多くの花をまとめて丸く握ったような形をした花(球状花序)を示している。
古くは「クク」とも言ったが、これは「キク」の音変化したものである。
「菊」に対する和訓用の造語として、「カハラヨモギ(河原蓬)」や「カハラオハギ(河原御萩)」といった例も見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. まな板の語源・由来

  2. 杞憂の語源・由来

  3. カツオの語源・由来

  4. リュックサックの語源・由来

  5. もんじゃ焼きの語源・由来

  6. 夜更けと未明と夜中と真夜中と深夜と夜半の違い

  7. 古希の語源・由来

  8. ポッキーとプリッツの違い

  9. 問題と課題の違い

  10. たまごの語源・由来

  1. あかぎれの語源・由来

  2. 恍惚の意味

  3. カモシカの意味・別名・類語

  4. みょうがの栄養基礎知識

  5. メンターの語源・由来

  6. トド(アシカ科)の意味・別名・類語

  7. 暮れなずむの意味・類語・言い換え

  8. がんもどきの栄養基礎知識

  9. 手始めの意味・類語・言い換え

  10. おならの語源・由来

人気記事

  1. 知識と知恵と見識の違い

  2. 飲むと呑むの違い

  3. 暑いと熱いの違い・使い分け

  4. 進呈と贈呈と謹呈と献上の違い・使い分け

  5. デニムとジーンズとジーパンの違い

  6. 関東雛と京雛の違い

  7. なぜ「虹」は虫偏なのか

TOP