八朔の語源・由来

八朔は、1860年頃、広島県因島田熊町のお寺「恵日山浄土寺」の境内で発見された品種。
「八朔」の名は、当時の住職であった小江恵徳が「八朔には食べられる」と言ったことから名付けられたというのが定説となっている。
ここでの「八朔」とは、「八月朔日(さくじつ)」の略で、「朔日」とは「ついたち」のこと。
つまり、「(旧暦の)8月1日には食べられる」ということである。
ただし、八朔の旬は2月から3月頃(新暦)なので、八月朔日の頃は果実がまだ小さく、食べるには早すぎる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「友情出演」と「特別出演」の違い

  2. 陶器の意味・類語・言い換え

  3. しゃぶしゃぶの意味・別名・類語

  4. ハンドルネームの語源・由来

  5. ケチの意味・類語・言い換え

  6. 弥生の意味・異名・類語

  7. 感動の意味・類語・言い換え

  8. 半纏の語源・由来

  9. 大黒柱の語源・由来

  10. ウイスキーの意味・類語・言い換え

  1. イノシシの意味・別名・類語

  2. 盛運の意味・類語・言い換え

  3. 懐石料理の語源・由来

  4. 「ダウンロード」と「インストール」の違い

  5. Vサインの語源・由来

  6. 長崎市の意味・シンボル

  7. 切口上の語源・由来

  8. 沖縄県の語源・由来

  9. 福井市の意味・シンボル

  10. ビキニの語源・由来

人気記事

  1. 駄菓子の語源・由来

  2. 茨城県の語源・由来

  3. 篠突く雨の語源・由来

  4. 茅野市の語源・由来

  5. チャリの語源・由来

  6. 辛抱の語源・由来

  7. 犬兎の争いの語源・由来

TOP