時計の語源・由来

とけいの漢字「時計」は当て字で、本来は「土圭」と表記した。
「土圭」は中国周代で方角や日影を測る磁針のことで、平安時代以前に日本に伝えられた。
機械時計の無かった時代は、「日時計」の意味で「土圭」が用いられていた。
機械時計は14世紀にヨーロッパで作られ、日本に初めて伝来したのは、1551年にフランシスコ・ザビエルが大内義隆に献上したものとされる。
中国では、機械時計を「土圭」ではなく「自鳴鐘」と表記し、日本でも「自鳴鐘」が用いられた例はある。
しかし、漢字表記は「時計(ときはかり)」が多く用いられていた。
漢語が重視された幕末から明治初期にかけては、「時計」が字音的表記でないため、「時器」や「土計」「時辰儀」「時辰表」「斗景」「斗鶏」などが使用されたこともあった。
これらの漢字にも「とけい」の振り仮名がされており、機械時計と日時計の区別なく、「土圭」を継いで「とけい」と呼ばれていたことがわかかる。
のちに、「ときはかり」の漢字「時計」が再び使用されるようになり、「時計」が一般的な表記となった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 一石二鳥の意味・類語・言い換え

  2. 家の語源・由来

  3. ペチュニアの語源・由来

  4. ミハルスの語源・由来

  5. 「曖昧」「あやふや」「うやむや」の違い

  6. 感動的の意味・類語・言い換え

  7. 9月の意味・異名・類語

  8. 随分の語源・由来

  9. 保障の意味・類語・言い換え

  10. 盤寿の意味・類語・言い換え

  1. 単刀直入の語源・由来

  2. アルバイトの意味・類語・言い換え

  3. パンダの意味・別名・類語

  4. なまはげの語源・由来

  5. 翫賞の意味・類語・言い換え

  6. 長野市の語源・由来

  7. 金平糖の語源・由来

  8. 橙の語源・由来

  9. 子(子年)の語源・由来

  10. ブランコの意味・別名・類語

人気記事

  1. パセリの語源・由来

  2. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」の違い

  3. ルイボスの語源・由来

  4. 「カフェ」と「喫茶店」の違い

  5. カツアゲの語源・由来

  6. きざはしの語源・由来

  7. 竹刀の語源・由来

TOP