グレープフルーツの語源・由来

「グレープフルーツ」の名が初めて用いられたのは、1814年のジャマイカである。
「グレープ」と付いた由来は、ぶどうの房のように果実がなることからや、果実の香りがブドウに似ているからといわれる。
グレープフルーツは、マレー原産の「ザボン(もしくはブンタン)」が、中国を経て西インド諸島に渡り、この変種として1750年にカリブ海のバルバドスで発見された品種である。
1880年頃、アメリカのフロリダに移され商業栽培が始まった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 嘘も方便の語源・由来

  2. おっとり刀の語源・由来

  3. 無鉄砲の意味・類語・言い換え

  4. メダルの意味・類語・言い換え

  5. お前の意味・類語・言い換え

  6. なしのつぶての意味・類語・言い換え

  7. テポドンの語源・由来

  8. 飲み会の意味・類語・言い換え

  9. 埼玉県の市区町村名一覧

  10. かまととぶるの意味・類語・言い換え

  1. 白ワインの栄養基礎知識

  2. 両国国技館の住所はなぜ「横綱」ではなく「横網」なのか

  3. 天の川の意味・別名・類語

  4. ディルの意味・別名・類語

  5. 耳たぶの語源・由来

  6. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」の違い

  7. センダンの意味・別名・類語

  8. 京都市の意味・シンボル

  9. ピラフの意味・類語・関連料理

  10. サニーレタスの栄養基礎知識

人気記事

  1. 京都府の語源・由来

  2. きびすの語源・由来

  3. 「未熟児」「低出生体重児」「早産児」の違い

  4. 「押さえる」と「抑える」の違い

  5. 業を煮やすの語源・由来

  6. 買い被るの語源・由来

  7. 紅花の語源・由来

TOP