こんにゃくの語源・由来

こんにゃくは、奈良時代に薬用として中国から伝来した植物で、漢語の「蒟蒻」も一緒に伝わったようである。
『本草和名』に「古爾也久(こにやく)」、『和名抄』に「古迩夜久(こにやく)」とあり、古くは「蒟蒻」が「コニャク」と読まれていたことが分かる。
これは、「蒟蒻」を呉音で「クニャク」と言い、日本で「コニャク」となったもので、中世頃に音変化して「コンニャク」になったと考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 大団円の意味・類語・言い換え

  2. バドミントンの意味・別名・類似競技

  3. トンボの種類

  4. にきびの意味・別名・類語

  5. 青魚の意味・類語・言い換え

  6. うやむやの語源・由来

  7. マネキンの語源・由来

  8. 「母体」と「母胎」の違い

  9. 八百屋の意味・類語・言い換え

  10. 脂肪の意味・類語・言い換え

  1. 肝胆相照らすの語源・由来

  2. 根掘り葉掘りの語源・由来

  3. キリシタンの語源・由来

  4. 折衝の語源・由来

  5. 印を押すの意味・類語・言い換え

  6. バウムクーヘンの語源・由来

  7. 情けないの意味・類語・言い換え

  8. オードトワレの意味・類語・言い換え

  9. 三下の語源・由来

  10. 練馬区の意味・シンボル

人気記事

  1. ツツジの語源・由来

  2. 「懐古」と「回顧」の違い

  3. 「BS」と「CS」の違い

  4. ズバリの語源・由来

  5. 福井市の語源・由来

  6. 「ニホン」と「ニッポン」の違い

  7. マンションの語源・由来

TOP