順序と順番の違い


順序は、ある一定の基準による配列。また、物事を行う手順や仕事の段取りなどを意味する。
順番は、順序を追って代わる代わるその事に当たることである。

一列に並ぶ際、並び方のルールが「順序」で、配列の全体を表す。
その順序に従って並んだ時に、並んだ位置や回ってくるのが「順番」で、配列を構成する中のひとつひとつを表す。
例えば、早いもの順、整理番号順、身長順、五十音順などの並び方(ルール)は「順序」、その順序に従って並んだ際の一番前や一番後ろ、10番目といった、それぞれの位置が「順番」になる。

「順序よく並ぶ」と「順番通りに並ぶ」は似た意味に感じるが、言っている意味には違いがある。
「順序よく並ぶ」の場合は、配列全体の秩序を乱さないようにすること意味する。
「順番通りに並ぶ」といった場合は、1番の次に2番が並ぶという、それぞれがどのような行動をとるべきかを表した言葉になる。

今見られている記事 ランダム
  1. 内職の意味・類語・言い換え

  2. 可憐の意味・類語・言い換え

  3. 可愛いの意味・類語・言い換え

  4. なおざりの語源・由来

  5. 報酬の意味・類語・言い換え

  6. 呉服の語源・由来

  7. 十八番の意味・類語・言い換え

  8. Septemberの意味・類語・言い換え

  9. 胡散臭いの意味・類語・言い換え

  10. 幽霊と妖怪とお化けの違い

  1. 怖いの語源・由来

  2. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  3. 以来の意味・類語・言い換え

  4. 陶磁器の意味・類語・言い換え

  5. 相棒の語源・由来

  6. 穴と孔の違い・使い分け

  7. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

  8. 内職の意味・類語・言い換え

  9. うどの栄養基礎知識

  10. 曖昧とあやふやとうやむやの違い

人気記事

  1. 日本一高い山は富士山ではなかった

  2. 広報と公報と弘報の違い

  3. ダンクシュートのダンクの意味

  4. 試合と仕合の違い・使い分け

  5. 二期作と二毛作の違い

  6. 路地と路地裏と裏路地と横丁の違い

  7. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

TOP