赤字の語源・由来

赤字は、簿記で不足額・欠損額を記入する際、赤色で書き入れることから、欠損を言うようになった。
「赤字」を略して、「赤」とも言う。
この語が使われ始めた時代は定かではないが、広く使われるようになったのは、大正から昭和初期にかけてである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「アヤメ」「ショウブ」「カキツバタ」の違い

  2. プレゼントの語源・由来

  3. 無駄の語源・由来

  4. 悲しいの語源・由来

  5. 天下りの語源・由来

  6. 断捨離の意味・類語・言い換え

  7. パンダの語源・由来

  8. 大葉の意味・別名・類語

  9. 蚊の種類

  10. 世話の語源・由来

  1. 伯母と叔母と小母の違い

  2. マグロの語源・由来

  3. 志の語源・由来

  4. 革新の意味・類語・言い換え

  5. 醸造酒と蒸留酒と混成酒の違い

  6. 目から鱗が落ちるの意味・類語・言い換え

  7. 陶酔の意味

  8. 塞翁が馬の語源・由来

  9. ファットの意味・類語・言い換え

  10. カキツバタの語源・由来

人気記事

  1. 「大漁」と「豊漁」の違い・使い分け

  2. 案外と意外と存外と思いの外の違い・使い分け

  3. 意思と意志の違い・使い分け

  4. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  5. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  6. 「赤鬼」「青鬼」「黄鬼」「緑鬼」「黒鬼」の違い

  7. 「砂」と「土」の違い

TOP